ボロボロジューシー

ボロボロジューシー

Pocket

[沖縄料理レシピ] 沖縄風おじや「ボロボロジューシー」

こんにちは、kazです。

 

さて、「おじや」という料理は日本中どこにでもあるものだとは思いますが、こちら沖縄にも沖縄らしい独自のおじやがあります。

 

その名も「ボロボロジューシー」

 

鰹だしで豚肉や野菜、かまぼこなどの具とごはんを一緒に煮込んだ沖縄の郷土料理ですが、これが本当に旨くてオススメなんです◎

 

入れる具材は様々ではありますが、一般的には豚肉(バラやロースなど)と昆布、人参、大根、かまぼこ、油揚げなどで、香りの良い鰹だしと、それぞれの具材から出るダシをごはんに含ませ、トロッと柔らかく煮込みます。

 

とりわけ、沖縄のおばぁ達が作るボロボロジューシーが本当に絶品で、おなかよりもむしろココロが満たされるような幸せな味がします。

 

※もし沖縄に来る機会があれば、食堂などで味わってみてください。お酒のシメにもgood!!

 

さて、今回紹介するボロボロジューシーは、わりとオーソドックスなタイプですが、じつはボロボロジューシーにはいろんな種類があります。

 

例えば、

今回のボロボロジューシーにヨモギをたっぷり入れた「フーチバーじゅーしー」。

イカスミで煮込んだ「いかすみのボロボロジューシー」。

もずくを入れた、「スヌイのボロボロジューシー」などなど。

 

あと、卵を半熟で入れたり、バターを乗せたりしても旨いです◎

 

お米とたくさんの具材を鰹だしでぼろぼろになるまで煮込んだボロボロジューシーは、全ての具とお米が調和した、食べやすくて栄養バランスの優れた料理です。

 

体は自分にとって何が必要なのかを知っているもの。

寒い冬に無性に食べたくなる、あったかいおいしさです。





 

ボロボロジューシーの材量(丼ぶり一杯分)

  • ごはん・・・150g
  • 鰹だし・・・500cc
  • 豚肉(ローススライス)・・・30g
  • にんじん・・・10g
  • 大根・・・30g
  • 刻み昆布・・・3g
  • かまぼこ・・・15g
  • 油揚げ・・・10g
  • 塩・・・2つまみ
  • 醤油・・・小さじ1/2
  • わけぎ(薬味)

 


下準備

 

  1. 鰹だしを取る。
  2. 大根は3センチほどの拍子木切りにする。
  3. にんじんとかまぼこは短冊切りにする。
  4. 豚肉は太めの千切りにする。
  5. 油あげは熱湯で油を流し、幅1センチほどに刻む。
  6. わけぎは小口切りにしておく。

 


ボロボロジューシーの作り方

 

  1. 熱い鰹だしに、塩、醤油、わけぎ以外の全ての材量を入れ、弱火でじっくり煮込む。
  2. 水分が減ってとろみがついたら、塩、醤油で味を調える。
  3. 椀に盛り、わけぎを散らして完成。

暖かい沖縄の温かいおじや、「ボロボロジューシー」をあなたもぜひ味わってみてくださいね♪

 




 

※ボロボロジューシーと一緒に次の料理はいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントする