豚肉とチンゲン菜のにんにく醤油炒め

豚肉とチンゲン菜のにんにく醤油炒め

Pocket




決め手はプリッ!と食感の豚肉!!


いかにも中華っぽい、豚肉とチンゲン菜のコンビ。

中華料理屋さんで頂く炒め物のお肉は、なんだかとても柔らかくてプリッとした食感がとてもおいしいのですが、

今回は豚ロース肉であのプリッとした食感を目指します。

そのポイントは下ごしらえにありました。

にんにくと醤油を効かせたレシピなので、炊き立てアツアツの白いごはんがさらにおいしくなる一品です。

夕食やお弁当のおかずにどうぞ。

 




材量(4人前)


  • 豚ローススライス…200g
  • チンゲン菜…3株
  • にんにく…2かけ
  • 醤油…大さじ1(15cc)
  • 酒…中さじ1(10cc)
  • オイスターソース…小さじ1(5cc)
  • 塩…少々
  • 片栗粉…適量
  • 熱湯…50cc
  • 鶏ガラスープの素…少々
  • サラダ油…適量
  • ごま油…少々

作り方


  1. 豚ローススライスは食べやすい大きさに切り、下味の塩を振ってサラダ油(分量外)を軽く回しかけてほぐし、片栗粉をまぶしておきます。
  2. チンゲン菜は葉と茎に分け、葉は大きめのざく切りに、茎は食べやすい大きさに切っておきます。
  3. にんにくはスライスします。
  4. 熱湯に鶏ガラスープの素を入れ、薄めの鶏ガラスープを作っておきます。
  5. 調味料は全て計量し、すぐに使える状態に準備しておきます。
  6. 中華鍋(鉄製のフライパン)を煙が出るまで熱し、サラダ油を馴染ませます。
  7. 火を弱めてにんにくのスライスを炒め、香りをサラダ油に移します。
  8. にんにくがほんのり色付き始めたら火を強め、豚ロースをほぐしながら焼きます。
  9. 良い焼き色がついたらチンゲン菜を加え、炒めます。(強火)
  10. 酒、オイスターソースを加えてアルコールが飛んだら鶏ガラスープを入れ、煮立たせます。
  11. チンゲン菜に火が通ったら鍋肌に醤油をジュワッと廻しかけ、香り付けのごま油を少々垂らして炒め合わせ、完成。

 




コツと注意点


  • 中華料理の炒め物は、強火で一気に炒め合わせるのがおいしく作るコツです。なので、段取り良く調理を進めるために、食材、調味料は全てすぐに使えるように準備しておいてください。
  • 葉物の野菜は炒めるとかなり縮むので、それを考慮した大きさに切って下さい。(茎はほとんど縮まない)
  • 「作り方1.」の、豚肉の下ごしらえは、必ず行ってください。この工程が、プリッとした食感を生むための準備になります。あと、豚肉にまぶした片栗粉が溶けだし、ソースにとろみがついてチンゲン菜にもよく絡むようになります。
  • この料理は炒めものですが、豚肉は炒めるのではなくて両面をこんがり焼くイメージで火をいれてください。
  • このレシピは、ごはんが進むように少し濃い目に設定してあります。なので、チャーハンなどと頂く場合は調味料を少し控えるのがオススメです。パラパラチャーハンの作り方はこちらをクリック。

 

※「豚肉とチンゲン菜のにんにく醤油炒め」と一緒に次の料理はいかがでしょうか。

コメントする