キャベツとにんにくのスープ

キャベツとにんにくのスープ

Pocket




じっくり煮込んだキャベツが旨い!キャベツとにんにくのスープ


夕食のメインディッシュがお肉料理のとき、たっぷりの野菜を頂けるスープがあったら便利ではないでしょうか。

 

イタリアには『ミネストローネ』という野菜をふんだんに使ったおいしいスープがありますが、

この記事でご紹介するキャベツとにんにくのスープは、

「ミネストローネは使う野菜の種類がとても多くて用意するのが大変!」というときに役立つミネストローネの簡易版です。

ただ、『簡易版』とは言ってもそれは消極的な意味ではなく、シンプルならではの良さがちゃんとあります。

ミネストローネは、たくさんの種類の野菜から出る複合的で調和したおいしさが魅力ですが、

キャベツとにんにくのスープは、野菜の種類が少ない分、その野菜の旨さをストレートに味わう事ができる点が魅力のスープです。

ほっこりと甘いキャベツの旨みとにんにくの風味がしっかりスープに溶け込んでおり、食卓を温かく彩るのにきっと役立ちます。

 

ちなみに、ショートパスタやスパゲッティの残りをポキポキ折って加えるのもオススメです。

 




材量(4人分)


  • キャベツ…200g
  • にんにく…2片
  • ホールトマト…1個(湯むきした生のトマト1個でも可)
  • ベーコン…50g
  • 水…800cc
  • オリーブオイル…適量
  • 塩…少々
  • 鶏ガラ顆粒だし…中さじ1
  • パルミジャーノ・レッジャーノ(なければ粉チーズ)
  • パセリ

作りかた


  1. キャベツは全て1cm角の色紙切りにする。
  2. にんにくはスライスする。
  3. ベーコンは粗めのみじん切りにする。
  4. 鍋にオリーブオイル、にんにく、ベーコンを入れ、火にかける。
  5. ベーコンがカリッとし、にんにくがこんがりきつね色になるまで炒める。
  6. きゃべつとトマトを入れ、しんなりするまで炒める。
  7. 水(800cc)を加えて強火にし、下味として塩を少し加える。
  8. 沸騰したら弱火にし、アクを引く。
  9. 1時間ほどじっくり弱火で煮込み、(蓋はしない)味をみる。
  10. 塩、鶏ガラ顆粒だしを加えて味を調える。
  11. 10分くらい煮込み、味が馴染んだら器に注ぐ。
  12. EXVオリーブオイルを少し垂らし、パルミジャーノチーズとパセリを振って完成。

 

コツと注意点





ベーコンを加える理由

野菜のスープにベーコンを加えたのは、野菜にはない旨みをプラスするためです。

 

食材によって、含まれている旨み成分の種類は違います。

野菜類(植物性食品)には主にグルタミン酸という旨み成分が豊富で、

お肉類(動物性食品)にはイノシン酸という旨み成分が豊富、

キノコ類にはグアニル酸が豊富で、

貝類にはコハク酸が豊富です。

 

そして、これらの旨み成分は単体で味わうよりも、他の旨み成分と掛け合わせた方がより強い旨みを感じる事ができます。

例えば、和食では鰹だしと昆布だしを合わせて使う事が多いですが、あれは鰹のイノシン酸と昆布のグルタミン酸を掛け合わせて旨みの相乗効果を狙っているのです。

 

そんな理由で、この記事で紹介した『キャベツとにんにくのスープ』は、キャベツとトマトに多く含まれるグルタミン酸に、豚肉のイノシン酸を足し、より旨みを感じやすいように工夫したのです。

しかも、最後に振りかけるパルミジャーノチーズとEXVオリーブオイルでコクと香りもプラスされるので、『キャベツとにんにくのスープ』が旨い事は、作る前から分かり切った事なのです。

 

※キャベツとにんにくのスープと一緒に、次の料理はいかがでしょうか。

コメントする