上州ねぎと手羽先のパエリア

上州ねぎと手羽先のパエリア

Pocket




上州ねぎのおいしい食べ方


ネギのパエリアというのはおいしい物です。

旨みの強い鶏のダシでじっくり煮込まれたトロッと甘いネギと、その両方の旨みをたっぷり吸ったお米のおいしさを一度は味わってみてほしいと思います。

 

ところで先日、群馬県産の上州ねぎ(じょうしゅうねぎ)というのをスーパーで見かけました。

下仁田ねぎと長ネギを掛け合わせた品種のようで、だいぶしっかりとした太さと質感があり、「これはパエリアだな。」と、初購入しました。

まずはシンプルに、ごま油をたらしてオーブントースターへ。

少し醤油をたらして食べてみると、中がトロッとしていて非常に甘く、とんがったところのない丸みのあるおいしさでした。

 

シンプルでもおいしい上州ねぎは一度シンプルに味わい、上州ねぎのおいしさを知った上で、『手羽先と上州ねぎのパエリア』をぜひ一度作ってみてください。

 




材量(4人分)


  • 米…2合
  • 手羽先…450g(8本)
  • 上州ねぎ…1本
  • ホールトマト…2個(2缶という意味ではなく、果実2個の事)
  • 玉ネギ…1/2個
  • 水…700cc(米の2倍量)
  • サフラン…ひとつまみ
  • 塩…適量
  • オリーブオイル…大さじ3

大まかな流れと段取


  1. 材量を全て手元に用意し、計量する。
  2. 野菜類を刻む。
  3. サフラン水を作る。
  4. 手羽先を焼き、スープをとる。
  5. パエリア鍋を熱し、玉ねぎ、米、トマトを炒める。
  6. スープを注ぎ、煮る。
  7. 蒸らす。
  8. おこげを作る。

作りかた


  1. 上州ねぎ(1本)は8mm厚の小口切りにする。
  2. 玉ねぎ(1/2個)は粗めのみじん切りにする。
  3. 鍋に水700ccとサフラン(ひとつまみ)を入れ、火にかける。
  4. パエリア鍋にオリーブオイル(大さじ3)を入れ、手羽先(8本)を両面こんがりと焼く。(中火)
  5. 焼けた手羽先はサフランが入った鍋に入れ、弱火で煮ておく。※ここで塩を加え、若干薄めに調味しておく。)
  6. パエリア鍋に残った油でみじん切りにした玉ねぎをしんなりするまで炒める。
  7. トマト(2個)を加え、炒める。
  8. 米(2合)を加え、薄く透き通るまで炒める。
  9. 鍋のスープを全て注ぎ、強火で煮る。
  10. 上州ねぎを散らし、手羽先を並べる。
  11. スープがなくなってきたら弱火にし、アルミホイルをかぶせて蒸らしながら炊く。
  12. 10分経った頃、米の炊け具合を確認する。(芯がギリギリ無くなった頃が最適)
  13. 米が炊けていたらホイルを外し、火を強火にして底におこげを作る。
  14. おこげができたかどうかの合図は、ピチピチという音と匂いで判断する。
  15. パエリア鍋ごとテーブルへ運び、好みでレモン汁をかけて頂く。

※さらに詳しいパエリアの作りかたは、『パエリアの作り方のコツ 』という記事にまとめてあります。興味のある方はどうぞ。

 




 

※上州ねぎと手羽先のパエリアと一緒に、次の料理はいかがでしょうか。

コメントする