アーサ料理

アーサ料理

Pocket




アーサとは。


2月から3月にかけて収穫のピークを迎える沖縄のアーサ。

学名をヒトエグサといい、沖縄県外で摂れるアオサとは分類学上異なります。

沖縄県内で出回っているアーサはほとんどが養殖ですが、この時期になると沖縄の海岸に「緑の絨毯」と例えられるほどたくさんのアーサが自生しているので、自分で海岸に下りて天然のアーサを手摘みする事もできます。

有名なのは沖縄本島の南部、南城市(なんじょうし)にある奥武島(おうじま)という小さな島で、橋で渡れるとても美しい島です。

僕もこの島で手摘みをした事がありますが、潮が引いた海岸の岩場一帯にびっしりと生えており、沖縄の大きな空と青い海に緑色のアーサがとても映えていて美しく、ごく短時間で袋いっぱいのお土産ができました。

ただ、天然ものは岩場に張り付くように生えているので、アーサに絡みついた砂などを落とすのに苦労はしました。

しかし生のアーサは乾燥物とはやはり全然別物で、色、香り、味、そしてふわっとした口当たりは格別でした。

 

時期がずれると生のアーサは手に入りませんが、乾燥品ならスーパーやネットなどで一年中買う事ができます。沖縄では普段の家庭料理、学校給食、また、お祝いのときなどにも頻繁に登場する沖縄県民にとって欠かせない食材のひとつです。

 




 

さて、「乾燥品なら一年中手に入る」とは言っても、やはり旬のものは旬のうちに頂くのが一番旨い。

採れたての生のアーサは若草色で美しく、ふわっと香る磯の香りが食欲をそそります。

そして代表的なアーサ料理と言えば、やはりアーサ汁というアーサのお吸い物です。

鰹だしの風味と鮮やかなアーサの香りが湯気とともに立ちのぼる、美しい椀物です。

アーサ汁をおいしく作るポイントは、決して煮込まない事です。

アーサは煮込むとどんどん色が暗緑化していって美しく仕上がらない上に、鰹だしの風味も飛んでしまいます。

サッと煮たてる程度で充分です。

ちなみに、沖縄料理の本やネットでアーサ汁の作りかたを調べてみると、調味料がものすごくシンプルです。

他えば、

材量

  • 生アーサ
  • 木綿豆腐
  • だし汁

以上。

みたいな。

僕にとっては、この材量だけでは物足りなさを感じます。

少しだけコクが欲しい。

なので、鰹だしに豚肉からとっただし汁を足すか、市販の沖縄そばのだしを少し加えています。


アーサ汁の作り方

材量(4人分)

  • 生アーサ…40g
  • 木綿豆腐…150g
  • 鰹だし…600cc
  • 酒…大さじ2
  • 沖縄そばだし…大さじ1
  • 塩…少々
  • ねぎ
  • おろししょうが(お好みで)

作り方

  1. 木綿豆腐(150g)は水切りをし、1cm角に切る。
  2. 鍋に鰹だし(600cc)を加えて煮たて、酒(大さじ2)、沖縄そばのだし(大さじ1)を加える。
  3. 切った木綿豆腐と生アーサ(40g)を加えて再び煮たて、火を止める。
  4. 味をみて、必要に応じて塩を加える。
  5. 椀に注ぎ、ねぎを散らす。(お好みで、おろししょうがをほんの少し加えても旨い。)

アーサは、アーサ汁以外にもおいしい食べ方が多数あります。

例えば、アーサ入りのだし巻き卵や、アーサのかき揚げ、冷や奴など。

普通のだし巻き卵にアーサを入れて溶き合わせば、翡翠色の風味豊かなだし巻き卵を作ることができます。

あと他に、軽く茹でて冷水にとり、冷や奴に乗せて生姜醤油で頂いても非常に旨いです。

もしも生のアーサが手に入る事があれば、ぜひお試しください。

 




 

※その他のオススメ沖縄料理

コメントする