ロマネスコとパッケリのクリームソース

ロマネスコとパッケリのクリームソース

Pocket




 

ロマネスコとカッテージチーズを使ったおいしいパスタ


冬においしいイタリア野菜のひとつに、ロマネスコがあります。

見た目はかなり印象的で、コンセントを差し込めば一個一個がドリルのように回転し出しそうな、円錐型の不思議な形をしています。(いや、止まっているように見えますが、じつは実際に回っているのかもしれませんw)

色は緑色をしてますが、味も食感もブロッコリーよりはどちらかというとカリフラワーに近く、シンプルに塩で茹でただけでもとてもおいしく食べる事ができます。

ローマではスープやソテーによく使われるようですが、僕はパッケリという大きな筒状のパスタに詰めて頂きました。

アンチョビーを隠し味に使ったクリームソースとよく合い、ソースの濃厚さを感じながらロマネスコの美味しさを味わえるパスタ料理です。

 




材量(2人分)


  • パッケリ…6個
  • ロマネスコ…1/2個(150g)
  • 玉ねぎ…1/4個
  • カッテージチーズ…100g
  • アンチョビー…2尾(5g)
  • 生クリーム…100cc
  • 白ワイン…50cc
  • バター…15g
  • パルミジャーノ・レッジャーノ…10g
  • 塩…少々
  • こしょう…少々

大まかな流れと段取り


  1. ロマネスコを小房に分け、茹でる。
  2. パッケリを茹でる。
  3. クリームソースを作る。
  4. 詰め物を作り、茹で上がったパッケリに詰める。
  5. ソースを温めて皿に注ぎ、パッケリを盛りつける。

作りかた


下準備

  1. 鍋にたっぷりのお湯を沸かし、塩を溶かしておく。
  2. ロマネスコを縦半分に切り、二つに分ける。(1/2個だけ使う)
  3. 包丁を使って断面から小房に分けていき、茎の部分は洗ったあとに粗めのみじん切りにする。
  4. ロマネスコを沸いた熱湯でおいしい食感を残す程度に茹で上げる。
  5. ロマネスコを茹でた熱湯でパッケリを茹で、茹で上がったら粗熱を取っておく。

ソースを作る

  1. 玉ねぎはスライスする。
  2. フライパンにバターを溶かし、玉ねぎをしんなりするまで弱火で炒める。(玉ねぎを炒めるとき、塩を少し加えると玉ねぎから水分が出てくるので焦げにくくなります。)
  3. 玉ねぎのフライパンにアンチョビーを加え、軽く炒めて溶かす。
  4. 白ワインを注ぎ、アルコールを飛ばすように少し煮詰める。
  5. 生クリームを入れて一度煮立て、、味をみて塩・こしょうで調味して火を止める。

詰め物を作る

  1. 茹で上がったロマネスコのうち、形の綺麗な小房を4~6個ほど取って置き、それ以外はボウルに入れて麺棒で潰す。
  2. カッテージチーズを加え、一緒に潰しながら合わせる。
  3. 塩を少し振って薄めに調味する。

仕上げ

  1. 詰め物を絞り袋に入れ(口金は付けない)、パッケリに詰める。
  2. フライパンのソースを温めて皿に敷き、パッケリと取っておいたロマネスコを盛りつける。
  3. パルミジャーノチーズをたっぷりと削りかけ、黒こしょうを挽いて完成。

 

※ロマネスコとパッケリのクリームソースと一緒に次の料理はいかがでしょうか。

 

 




コメントする