極旨タリアータのレシピ~部位は赤身でさっぱりと~

メイン料理のレシピ
スポンサーリンク

極旨タリアータのレシピ~部位は赤身でさっぱりと~

kaz
kaz

こんにちは、kazです^^

さて、イタリアのお肉料理、「タリアータ」。

添えられたサラダと一緒にバルサミコソースで頂くタリアータは、すごくあっさりと頂けておいしいですよね♪

この記事では、魅力溢れるタリアータを脂身の少ない部位でしっとり柔らかく作る方法を紹介します。

すごくかっこいい料理ですが、作り方は簡単。

  1. サラダとドレッシングを準備する。
  2. お肉を焼く
  3. ソースを作る
  4. サラダとお肉を盛りつけ、ソースをかける。

以上です。

楽しみながら作ってみてくださいね♪

タリアータとは。

タリアータとは、イタリアのフィレンツェ発祥の牛肉料理。

スライスしたステーキをサラダ仕立てにしたような料理で、

ソースには、お肉を焼くときに出た肉汁とバルサミコ酢を煮詰めて作るのが一般的ですね♪

kaz
kaz

もう、それ聞いただけで旨そうな予感^^

タリアータはステーキに少し似ていますが、ステーキよりももっとずっとさっぱりしていて食べやすいです◎

タリアータに最適な部位とは。

タリアータに使う部位は、脂身の少ない赤身のもも肉やランプを使う事をオススメします。

理由は、タリアータは先ほども書いたように、ステーキのサラダ仕立てなので、必ずしも「焼きたてアツアツ」の状態で頂くわけではないからです。

サーロインや肩ロースなどの脂身を多く含む部位を使っているレシピも多数存在しますが、

単純に、僕にとっては冷めた牛肉の脂がちょいとキツイ。

もっとあっさりした部位を使うべきだと思うのです。

赤身かたまり肉の表面を鉄のフライパンで香ばしく焼き、中はじっくり暖まる程度に加熱します。

とても柔らかくしっとりと仕上げる事ができます♪

 

適切な焼き方で焼いた牛もも肉は歯切れがよく、横に添えられている生野菜との相性も抜群!!

 

kaz
kaz

ちなみに、僕のタリアータの付け合わせは定番のルッコラではなく、瑞々しい新玉ねぎを添えています。

しっとりと、かつ、香ばしいタリアータを、爽やかな新玉ねぎのサラダと一緒にどうぞ♪

タリアータの材料(2人分)

「タリアータ」の材料と、

「新玉ねぎのサラダ」の材料を紹介します。

タリアータの材料(2人分)

  • 牛もも肉…200g
  • バルサミコ酢…100cc
  • オリーブオイル…大さじ1(15cc)
  • パルミジャーノ・レッジャーノ…10g
  • にんにく…1かけ
  • ローズマリー…1枝(15cmほど)
  • 塩…少々
  • こしょう…少々

新玉ねぎのサラダの材料

  • 新玉ねぎ…1/2個

ドレッシングの材料

  • エクストラバージンオリーブオイル…大さじ1
  • レモン汁…小さじ1
  • 粒マスタード…小さじ1/2
  • 塩…少々
  • こしょう…少々

タリアータの作りかた

まずは下ごしらえ!

  1. 冷えた牛もも肉(200g)は、常温に戻しておく。
  2. 新玉ねぎ(1/2個)は、スライスして冷水にさらし、シャキッとさせて水分を切っておく。
  3. 「ドレッシングの材料」の、エクストラバージンオリーブオイル(大さじ1)、レモン汁(小さじ1)、粒マスタード(小さじ1/2)、塩少々をボウルに入れ、カシャカシャと混ぜ合わせてドレッシングを作っておく。

お肉を焼く

では、お肉を焼いていきます♪

  1. 牛もも肉(200g)に塩こしょうを振る。
  2. フライパンにオリーブオイル(大さじ1)、潰したにんにく(1かけ)、ローズマリー(1枝)を入れて中火にかけ、にんにくとローズマリーの香りをオイルに移す。
  3. にんにくとローズマリーを端に寄せ、牛もも肉を焼く。

    kaz
    kaz

    おいしく焼くコツ1

    焼き初めはやや高温で、あまり触らずに焼き色を付ける事を意識せよ!!

  4. 肉に触らず1分ほど中火~弱火で焼き、焼き色が付いたら裏面も焼く。肉を料理する
  5. 裏面も1分ほど焼き、その他全ての面に焼き色を付ける。
    kaz
    kaz

    おいしく焼くコツ2.

    表面が香ばしく焼けたら、あとは低温で中までじっくりと。火を弱火にすればOKです!

  6. 全ての面が焼けたらフライパンから取り出し、5分ほど休ませる。

バルサミコソースの作り方

kaz
kaz

お肉が焼けたら、鉄板に焼き付いている肉の旨みを使っておいしいソースを作ります♪

  1. フライパンに残ったオリーブオイルとにんにく、ローズマリーを捨て、バルサミコ酢(100cc)を入れる。
  2.  バルサミコ酢を弱火で加熱しながら、フライパンに焼き付いたお肉の旨みをこそげ落とす。
  3. バルサミコ酢が大さじ1(15cc)ほどの量になるまで煮詰めたら、ソースの完成!!

タリアータの仕上げと盛りつけ

kaz
kaz

さぁ!あと一息!!おいしそうに盛り付けたら完成です^^

  1. 初めに準備した新玉ねぎとドレッシングをボウルに入れて和え、皿に盛る。
  2. 焼いた牛もも肉を5~6mmの厚さに切り、新玉ねぎのサラダの上に盛り付ける。
    kaz
    kaz

    スライスするときのポイントは、お肉の繊維の方向に対して直角にスライスすること!!

  3. バルサミコソースを回しかけ、パルミジャーノチーズ(10g)を削りかけて完成。

いろいろと書きましたが、実際にやってみるとたいしてややこしくはないはずです^^

おいしいタリアータを楽しく作って、赤ワインと一緒にどうぞ♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪

コメント

  1. […] ステーキのサラダ仕立て。極旨タリアータの作りかた […]

タイトルとURLをコピーしました