豆腐チャンプルー

豆腐チャンプルー

Pocket




沖縄料理「チャンプルー」とは。


沖縄には「チャンプルー」と呼ばれる炒めものが数種類あります。

チャンプルーというのは、「混ぜ込む」とか「ごちゃまぜ」みたいな意味の沖縄の方言で、いろいろな野菜を一緒に炒め合わせる事がこの名前の由来となっています。

なので沖縄では野菜炒めを「野菜チャンプルー」と呼び、

その野菜チャンプルーに車麩が入ったら「フーチャンプルー」、

ゴーヤーが入ったら「ゴーヤーチャンプルー」、

素麺が入ったら「ソーミンチャンプルー」と呼び、

そして豆腐が入ったのが、この記事で紹介する「豆腐チャンプルー」です。

豆腐チャンプルーは名前の通り豆腐がメイン食材なので、野菜は少なめにして、野菜はあくまでも豆腐の引き立て役という立ち位置にします。

豆腐の種類は沖縄の「島豆腐」か木綿豆腐のいずれかを使い、包丁で切るのではなく手でちぎるのが沖縄流。

豆腐を手でちぎると形がいびつになり、豆腐の表面積が増えることで味が付きやすくなるというメリットがあり、これは沖縄のおばぁ達の知恵です。

 

沖縄の家庭や食堂では豆腐チャンプルーをごはんのおかずとして頂きますが、

意外と居酒屋メニューとしても人気があり、泡盛のつまみとして頂く事も多いです。

大皿に盛られたアツアツの豆腐チャンプルーを小皿に取り分けてみんなでシェアするのが沖縄スタイル。

味の馴染んだあつあつふっくらの豆腐とキャベツのシャッキリ感がおいしい豆腐チャンプルーを、ぜひ一度作ってみてください。




材量(4人分)


  • 島豆腐(木綿豆腐)…350g
  • キャベツ…200g
  • 玉ねぎ…50g
  • 豚ローススライス…50g
  • 塩…少々
  • こしょう…少々
  • だしの素…小さじ1
  • 醤油…少々
  • 片栗粉…少々
  • サラダ油…適量
  • 鰹節…適量
  • 万能ねぎ…適量

作り方


下準備

  1. 豆腐(350g)は重しをして水切りをする。
  2. キャベツ(200g)は食べやすい大きさにザク切りにする。
  3. 玉ねぎ(50g)はスライスする。
  4. 豚ローススライス(50g)は食べやすい大きさに切り、塩少々で下味をし、サラダ油を少々揉み込み、片栗粉を薄くまぶす。
  5. 万能ねぎは小口切りにする。

炒める

  1. 炒め鍋(できれば鉄)を強火で熱し、サラダ油を馴染ませる。
  2. 火を中火に落として、豆腐を一口大にちぎりながら入れ、片面をこんがり焼き固める。(無駄に触らない)
  3. フライパンをあおり、豆腐をひっくりかえして両面に焼き色を付ける。
  4. 豆腐を端に寄せ、空いたスペースで豚ロースを焼く。
  5. 豚ロースが8割くらい焼けたら、キャベツと玉ネギを加え、焼く。(ポイントは、やはり無駄に触らない事。なるべく温度を下げないように、炒めるというより焼き付けるイメージで加熱していきます。)
  6. フライパンをあおり、全体をひっくり返して同様に焼く。
  7. 塩、こしょう、だしの素(小さじ1)で調味し、炒め合わせる。
  8. 火を強火にして温度を上げ、醤油を鍋肌からジュワッと入れて軽く炒め合わせ、皿に盛る。
  9. 鰹節、小口切りのネギを散らして完成。

アツアツのうちに、はふはふとどうぞ。

 




※その他の沖縄料理のレシピ

コメントする