[からし菜の食べ方] 地味に旨い、からし菜炒めのレシピ

からし菜炒め 野菜
スポンサーリンク

[からし菜の食べ方] 地味に旨い、からし菜炒めのレシピ


 

この記事では、簡単で旨いからし菜の食べ方を紹介しようと思う。

とても簡単で素朴な料理だが、意外とごはんが進む旨いからし菜料理なので、ぜひ快適に調理を進めていただきたい。

 

さて、からし菜のおいしい食べ方はいろいろとあると思うが、家でチャチャッと誰でも簡単に作ることができて、なおかつからし菜をごはんが進むおかずにしたいなら、やはり炒め物にした方がいいだろう。

からし菜の炒め物は、見た目は地味だがかなり旨いと思う。

炊き立てのアツアツごはんと食べるのもいいし、ちょっとしたお酒のつまみとしても旨い。

 

もともとからし菜にはちょうど良いほろ苦さがあって味の濃い葉野菜なので、ほかの何かで別の旨味を補ってあげればもうそれだけでおいしくなる。

 

余計なものはいらないし、しなくていい。

 

今回は、その「ほかの何か」にツナを使った。

ポイントは、ツナを缶汁ごと全部使う事。

 

ツナの缶汁にはおいしい旨味がたくさん含まれているので、捨てるのはもったいない。

 

ただ、ここで注意したいのが、必ずフライパンが冷たい状態の時にツナを入れること。

フライパンを熱したあとにこれを入れるとバチバチ跳ねて危険だし、キッチンも無駄に汚れる。

 

この段階でフライパンが熱くなっている必用はまったく無いので、穏やかに炒め始めてほしい。

 

では、以下のレシピを一読して、さっそくキッチンへ行こう!

あっ、炊飯器のスイッチを入れるのも忘れずに。

 

からし菜炒めの材量(2人分)


  • からし菜…150g
  • ツナ缶…1缶
  • サラダ油…小さじ1
  • 醤油…小さじ1
  • 塩…小さじ2(塩もみ用)
  • 塩…少々
  • だしの素…少々

からし菜炒めの作り方


  1. からし菜はよく洗って根を切り落とし、5cmの長さにザクザク切る。
  2. 切ったからし菜をボウルに入れて塩(小さじ2)を振り、水分が出てしなっとするまで優しく揉む。
  3. 塩もみしたからし菜をザルに入れ、塩を洗い流して水気を軽く絞る。
  4. フライパンにサラダ油とツナを缶汁ごと入れ、中火にかける。
  5. フライパンの温度が上がってパチパチしてきたら、からし菜を入れて炒める。
  6. からし菜に油がまわって火が通ったら、塩(少々)、だしの素(少々)、醤油(小さじ1)で味付けをしてざっと炒め合わせ、完成。

 

とても簡単で旨いからし菜炒めの完成だ。

温かいうちにおいしく頂こう。

 

 

※その他のオススメ沖縄料理のレシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました