鶏とインゲン豆のにんにく炒め

鶏とインゲン豆のにんにく炒め

Pocket




 

どこでも手に入るおいしい組み合わせ


覚えておくと、いざという時に役に立つ「鶏とインゲン豆のにんにく炒め」の作りかたをご紹介します。

どの地域でも手に入るありふれた食材でも、にんにくで炒めてバターを絡ませればとても満足感の高い一皿へと仕立てる事ができます。

ごはんのおかずに、ビールのおつまみに、ぜひお試しください。




材量(2人分)


  • 鶏もも肉…250g
  • インゲン豆…100g
  • おろしにんにく…大さじ1/2
  • 塩…小さじ1/2
  • こしょう…少々
  • バター…小さじ1

作り方


  • 鍋にお湯を沸かし、インゲン豆(100g)を色よく下茹でする。
  • 鶏もも肉(250g)は一口大に切る。
  • インゲン豆はヘタを切り取って、筋のある品種なら筋を取り、なければそのまま3等分の長さに切る。
  • フライパンを熱し、鶏もも肉の両面をこんがりと焼く。
  • フライパンに茹でたインゲンを加え、炒め合わせる。
  • 全体に油が回ったらおろしにんにく(大さじ1/2)を加えて炒め、塩(小1/2)こしょう(少々)を振って味を調える。
  • 火を止めてバター(小さじ1)を加え、余熱で溶かして全体に絡ませて完成。

コツと注意点


鶏肉にしっかりと焼き色を付けるのは、ちゃんと意味があります。

僕は「見た目も香りも味のうち」だと思っていますが、この料理で言えば、お肉の焼き色こそが見た目と香りをグッと引き立てる大切な要素になります。

鶏肉にしっかり焼き色を付けるのは、シンプルで簡単な炒め物だからこそ、しっかり押さえておきたいポイントです。




 

※その他のオススメ記事

 

コメントする