空心菜のにんにく炒め

空心菜のにんにく炒め

Pocket




空心菜ってどんな野菜!?


春から夏にかけての暑い時期に旬を迎える空心菜(くうしんさい)、別名:えんさいは、人間が暑さを乗り切るために必要な栄養素がたっぷりと含まれているおいしくてありがたい葉野菜です。(カルシウム、ビタミンA,B1,B2,C、鉄など)

しかも空心菜は再生力が非常に強くて収穫しても次から次へとどんどん育つからか、お値段も比較的安価で財布にも優しい野菜です。

 

この野菜の視覚的な特徴はやはり、茎がストロー状なっているところ。

名前通り、空心菜ですねw

茎の部分は多少固めなので、炒めたあと軽く蒸すことで食べやすくします。

 

この記事で紹介する「空心菜のにんにく炒め」は一度にたくさん食べるような料理ではありませんが、ちょっとした副菜が欲しいときや、肉料理の付け合わせなどにぴったりの簡単な炒めものです。

ぜひ一度お試しください。

 




材量(2人分)


  • 空心菜…120g
  • にんにく…1かけ
  • サラダ油…大さじ1/2
  • 酒…大さじ2
  • 醤油…小さじ1/2
  • 塩…少々

作り方


  1. 空心菜(120g)を洗い、食べやすい大きさにざく切りにする。(茎は5cmほどに切り、葉は加熱すると縮むので少し大き目に切った方が良い)
  2. にんにく(1かけ)はスライスする。
  3. フライパンにサラダ油(大さじ1/2)とスライスしたにんにくを入れて弱火にかける。
  4. にんにくがこんがり色付いたらキッチンペーパーに取り、そのままのフライパンで空心菜を炒める。
  5. 油が回って少ししんなりしてきたら酒(大さじ2)を入れ、蓋をして1分ほど蒸らす。
  6. 蓋を取り、塩(少々)、醤油(小さじ1/2)で調味する。
  7. 皿に盛り付け、カリカリにんにくを振りかけて完成。

 




 

※その他のオススメ記事

コメントする