ホワイトソースレシピ 失敗しない作り方

米と麺のレシピ
スポンサーリンク

ホワイトソースレシピ 失敗しない作り方

kaz
kaz

こんにちは、kaz です^^

さて、「ホワイトソースは買うもの」だと決め込んでいる方が多いと思いますが、じつはあなたのキッチンで簡単に作ることができます。

ホワイトソースを使う料理には子供が好きな料理もたくさんあるので、ホワイトソースを手作りできるようになる事はあなたにとってメリットが多いのではないでしょうか。

例えば、

  • クリームシチュー
  • クリームコロッケ
  • グラタン
  • ドリア
  • オムライス
  • 煮込みハンバーグ
  • パスタソース

などなど。たくさんありますね◎

初めて作る場合には分量を見たり手順を見たりといちいち面倒であるとは思いますが、

数回作れば確実に要領を覚え、濃度の薄いホワイトソースから濃いホワイトソースまで、作りたい料理に合わせて自在に固さも調節できるようになります。

※覚えた料理はあなたの一生の財産ですよ♪

この記事では、簡単&便利なホワイトソースの作り方と、料理に合わせた濃度の調整方法まで紹介します。

 

kaz
kaz

ホワイトソースを失敗しないポイントは2点だけ☆

  1. 作り始める前に手元に材量を準備しておくこと
  2. 火加減に注意すること

簡単です。ぜひ一度チャレンジしてみてください。

ホワイトソースの材量

  • 薄力粉・・・40g
  • バター・・・40g
  • 牛乳・・・550cc
  • 塩・・・小さじ1/2

ホワイトソースの作り方

  1. 材量を全て計量し、すぐに使える状態に準備しておく。
  2. 鍋にバター(40g)を入れ、弱火で溶かす。
  3. 薄力粉(40g)を一度に全て入れ、炒める。
  4. 最初は多少粘度があり、ふつふつと重たい感じがしますが、これがサラサラな状態になるまで絶えずかき混ぜながら弱火で炒めます。
  5. サラサラな状態になったら鍋底を氷水に付け、粗熱を取る。
  6. 粗熱をとった鍋に牛乳(550cc)を一度に全て入れ、中火にかける。
  7. 鍋底や鍋の淵など、温度が高い所から先に固まってくるので、そこをこそぎ落としながらまんべんなく混ぜ続け、加熱する。
  8. 全体的に温度が上がってきたら弱火にし、糊のような粘りけがなくなり、艶のあるサラッとした状態になるまで煮る。
  9. 火を止めて塩(小さじ1/2)で調味する。
  10. このまま冷ますとダマになりやすいので、鍋を氷水にあてて混ぜながら冷まして完成。

ホワイトソースをおいしく作るコツ!

一番気を付けるべきポイントは、やはり焦がさない事です。

焦がさないためのポイントは、

  1. 段取りを把握して作り始める。
  2. 鍋の中をよく観察しながら混ぜる。
  3. 火加減に注意する。

この3つだけです。

なお、この記事のホワイトソースの濃度は、グラタンやドリアに適した濃度です。

クリームシチューに使いたい場合は牛乳を足してゆるめる事ができます。

また、クリームコロッケのように多少固めのホワイトソースにしたい場合にも方法があります。

その方法は、

  1. 器に小麦粉とバターを1:1の割合で入れて電子レンジで1分ほど加熱する。
  2. よく練り、ルーに混ぜ込んで煮る。
    kaz
    kaz

    チン!したルーの素に、鍋のルーを少し足して濃度を合わせると混ぜ込みやすくなります。

これだけです。簡単ですよね^^

ちなみに、プロが作るホワイトソースのレシピでは、必ず最後に「漉す」工程があると思いますが、僕は家庭でホワイトソースを作る場合はそこまでする必要はないと思っています。

確かに漉した方がキメ細かいホワイトソースができ、ダマを完全に排除する事ができますが、漉さなくてもそこまで目立つほどのダマはできません。

それは、写真を見て頂ければ分かると思います。

きっとおいしいホワイトソースが作る事ができるでしょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました