沖縄風まぐろ天ぷら

沖縄風まぐろ天ぷら

Pocket




沖縄の天ぷらとは。


沖縄の天ぷらというものは、伝統的な日本料理の天ぷらとは全く別のものです。

衣がボテッと厚めだし、しっかりと塩味がついているし、もちろん花を咲かせるような洒落た事もしません。

卵を多めに使う事から、天ぷらというよりはどちらかというとフリットに近いような気がしますが、イメージで言うともっともっとラフで、小腹が空いたときにちょっとつまむようなB級グルメ的な立ち位置です。

どういうわけか、沖縄の※おばぁ達はこの天ぷらを作るのが非常に上手で、昔からある老舗の天ぷらやぁーや、最近では沖縄県南部にある橋続きの島、奥武島(おうじま)の天ぷら屋さんは観光客にもとても人気で、田舎の小さなお店に行列ができるほどです。

 

※沖縄では、おばぁちゃんの事を親しみを込めて“おばぁ”と呼ぶことがあります。

 

そんな魅力的な沖縄風天ぷらですが、ネタはというと沖縄にあるものならだいたいなんでもアリです。

とりわけ人気が高いネタは、イカや野菜(人参と玉ネギを千切りにしてミックスしたものなど)、さつま芋、もずく、島らっきょう、モロッコインゲンと魚肉ソーセージの組み合わせなどなど。

そして忘れてはいけないのが、この記事で紹介するまぐろの天ぷら。

 

まぐろなどの赤身の魚は過熱するとパサ付く印象がありますが、沖縄ではまぐろの筋が多い部分を主に天ぷらにしておいしくいただきます。

そもそも筋というのは、生では固い“コラーゲン”と呼ばれるたんぱく質の一種で、加熱するととろけるような柔らかさに変身します。

かりっ!ふわっ。

とした食感で程よい塩味の衣と、適度に熱を入れたほどけるようなまぐろ。

あちこーこー(あつあつ)天ぷらはビールのつまみにも最適です。

お刺身では食べられない筋の多いまぐろが手に入ったら、1度沖縄風天ぷらをお試しください。




材量(2人分)


  • まぐろ・・・250g
  • 薄力粉・・・100g
  • 冷水・・・100cc
  • 卵Mサイズ…1個
  • 塩・・・小さじ1

作りかた


  1. 揚げ油を180℃に温める。
  2. まぐろ(250g)は2.5cm角、長さ10cmほどの棒状に切る。
  3. ボウルに卵(1個)を割りほぐし、塩(小さじ1)と冷水(100cc)を入れ、よく混ぜる
  4. 薄力粉(100g)を加え、できるだけ練らないように溶く。
  5. 先ほど切ったまぐろを衣にくぐらせ、こんがりと揚げる。
  6. 皿に盛り、昆布塩などのお好みの塩を添えるか、もしくはウスターソースをかけていただく。

 

程よい塩気でさっくりと旨い沖縄風まぐろ天ぷらを、

ぜひよく冷えたビールと一緒にどうぞ。




 

※その他の沖縄料理のレシピ

コメントする