沖縄風生姜焼き

沖縄風生姜焼き

Pocket




 

沖縄風生姜焼きとは


沖縄の家庭や食堂で食べられる生姜焼きは、一風変わっています。

こんな感じ。

写真は僕が作った生姜焼きですが、(材量と作り方はあとで紹介します)普通の生姜焼きとは違い、どちらかというと炒め物に近い料理です。

スライスした豚肉を、ニラやにんじん、玉ねぎなどの野菜類と一緒に炒め、生姜の効いた甘辛のタレでジュワッと仕上げます。

もちろん、野菜が好きな方は野菜の比率をもっと増やすのもアリだし、逆にお肉を増やすのも、まぁ、アリっちゃあアリですが、沖縄風を意識するならお肉と野菜の比率はだいたい5分5分くらいを目安にすると良いと思います。

いずれにしても、ごはんの進む旨い一品です。

さぁ、炊飯器のスイッチを押して、炊き上がりに合わせて沖縄風生姜焼きを作ってみましょう♪

 




 

材量(4人分)


  • 豚ロース …300g
  • 玉ねぎ…180g
  • 人参…100g
  • ニラ…30g
  • 料理酒…大さじ2
  • しょうゆ…大さじ2
  • 砂糖…大さじ1
  • おろししょうが…大さじ1
  • 片栗粉…大さじ1
  • サラダ油…大さじ1

 

作りかた


  1. 玉ねぎ(180g)はスライスし、人参(100g)は千切りにする。
  2. ニラ(30g)は5センチほどの長さに切る。
  3. 豚ロース(300g)に片栗粉(大さじ1)をまぶす。
  4. 調味料を全て計量する。(作り慣れたら目分量でOK)
  5. フライパンを中火で温め、油(大さじ1)をなじませる。
  6. 熱くなったフライパンで豚ロースを両面焼く。(※炒めるのではない)
  7. 火を強め、野菜類とおろししょうがを加え、ざっと炒め合わせる。
  8. 野菜類に火が通ったら、計っておいた調味料を全部入れ、ほんのりとろみがかったら完成!

コツと注意点


コツその1

沖縄風生姜焼きは、どちらかというと炒め物ではありますが、お肉は炒めるのではなく焼く意識で加熱した方が香ばしくなり、見た目も美味しそうに仕上げる事ができます。

 

コツその2

料理初心者の方は、作り慣れるまでは、調味料を小皿か何かに混ぜ合わせてタレを作っておくなど、慌てない工夫をすることをオススメします。

僕は何度も作っているので、量も目分量です。

 

では、おいしい沖縄風生姜焼きに満足してくださいな♪

 




 

※沖縄風生姜焼きと一緒に、次の料理はいかがでしょうか。

コメントする