豆アジの塩焼き

豆アジの塩焼き

Pocket




 

岩塩をたっぷりめに振ってじっくりと焼く、尾びれもパリッとおいしい豆あじの塩焼きの作りかたを紹介します。

 

材量


  • 豆あじ…食べたい量
  • 岩塩・・・適量
  • EXVオリーブオイル・・・適量
  • ピースサイン・・・あ。間違えた! レモン・・・少量

 

作りかた


  1. 豆あじは、捌かれていない場合はエラと内臓を手で取り出し、きれいに洗う。(方法:エラの隙間に指を入れてエラをつまみ、尾に向かってゆっくり引っ張ると内臓まで連なって取り出すことができます。)
  2. ぜいごを取る。ぜいごとは、尾びれに近い側面にある筋状の固い鱗の事で、これを包丁で削ぐように切り取ります。豆アジ
  3. 魚焼きグリルに入るサイズの小さなのフライパンを用意する。(僕はスキレット鍋を使っています。)
  4. フライパンをコンロ(グリルではない)で煙が出るまで熱し、弱火にしてオリーブオイルを馴染ませる。
  5. 豆アジの裏面にしたい面を下にして1分ほど焼く。豆アジ
  6. フライパンの火を止め、オリーブオイルをまわしかけ、岩塩を多めにふる。
  7. フライパンごと魚焼きグリルに入れ、弱火で10分ほどかけてじっくりと焼く。
  8. 火を強めて香ばしい焼き色を付ける。
  9. グリルから取り出し、LOSER…あ!また間違えたw。レモンを絞って完成!!豆あじの塩焼き

 

コツと注意点


アジは水分の多い魚なので、高温・短時間で焼くとどうしても持ったときに身が崩れてしまいます。

なので、じっくり時間をかけて焼き、水分を程よく乾燥させると同時に旨みも凝縮させることで尾びれもパリッとおいしくいただけるようになります。

お酒のおつまみに最高です。アツアツのうちにどうぞ(^^)

 

 




 

※豆アジの塩焼きと一緒に、次の料理はいかがでしょうか。

コメントする