Pocket




 

スパイスやハーブ達は、 ずっとあなたを待っている!


ちょっぴりオシャレな料理や変わった料理を作るために買ったスパイスやハーブが、使いきれないまま放置プレイになっていませんか?

特に洋風の料理やエスニック料理を作ろうと思いレシピを検索すると、なんだか特殊な調味料が必用になって、でも買ったはいいけどそういうのって普段の料理にはなかなか使わないからいつのまにか埃をかぶっているんですよね~。

例えば、レモングラスとか。ナンプラーとか。パプリカとか。いつ使うねんっ!!みたいなw

しかも調味料って賞味期限が長いから野菜とかみたいに「早く使わなきゃ」みたいな危機感もなくて

放置&放置&放置で「これいつからあんの?」みたいなw

でも、スパイスやハーブ達ってホントはとても優秀な料理の引き立て役なんですよね。

しっかり使わなきゃもったいないしかわいそうです。

スパイスやハーブ達は、ずっとあなたに使ってもらえる時が来るのを棚の上で静かに待っています。

 

 

余った調味料は何に使う?


ここで「じゃあ、何に使おうか。」って話になるんですが、まぁ、単純に考えればその調味料を買うきっかけになった料理をまた作ればいいわけですが、もっと手軽に使う方法があります。

そう、トーストです(^^)

例えば、オレガノってハーブがありますね。

オレガノは、トマトソースやピザソースなどのトマト料理に頻繁に登場するハーブです。

一見よく使いそうな感じがしますが、実際にはあなたのキッチンの棚で半分だけ残ってほったらかしになっていませんか?

そんなときは、オレガノトーストです。

こちら。

オレガノトースト

大さじ1ほどのオリーブオイルを食パンに塗り、オレガノとほんの少しの塩をふってトースターで焼けば、とても香りの良いおいしいオレガノトーストになります。

ぜひお試しください。

ちなみに、「オレガノはないけどタイムってのがあるんだけど…」みたいな場合はタイムでも良いと思います◎

 

次はこちら。

パプリカ

パプリカです。何に使えばいいかわかんないスパイスの代表選手ですねw(生産者に失礼)

これは、パエリアやスペイン風ガーリックスープ(ソパ・デ・アホ)などのスペイン料理で使われる事が多いスパイスですが、普段スペイン料理なんて家で頻繁に作るものではありません。

でも写真のように、トーストした食パンにスクランブルエッグを乗せてマヨネーズをかけ、

そこへパプリカをたっぷりとふれば朝からテンションの上がりそうな美しく風味の良い朝食が出来上がります。

ぜひお試しください(^^)

 

続いてはこちら。

オニオントースト

オニオントーストです◎

オニオントーストには、岩塩と黒こしょうを使っています。

岩塩のおいしさは、普通の食卓塩とは違ってちゃんと味があること。

味に角がなく、丸くてふくよかな感じがします。

だから僕は、逆にあまり使わないw なんだかもったいなくて。

岩塩は「もっと食材を生かす料理に使おう」と思ってとって置いちゃいます。

塩には賞味期限ないし。

だからずぅーと残ったまま。

って事で、オニオントーストに使ってみました。

こんがり焼けた玉ねぎの甘さを引き立てる岩塩のおいしさに、あなたもきっと驚くでしょう。

作りかたはカンタンです。

食パンにスライスした玉ねぎを乗せて岩塩をパラパラとふり、黒こしょうを挽いてトースターへ。

じっくりめにトーストして最後にバターを所々に乗せ、バターが余熱で溶けだしたら食べごろです。

ぜひお試しを。

 

そして最後はこちら。とびっきりおいしいシナモントーストです。

シナモントースト

シナモンも大好きですが、あまり頻繁には使うチャンスに出会えません。

でも、この記事を読んだ今日から、きっとあなたの朝やおやつの時間にシナモンが大活躍し始めるはずです。

シナモントーストは、食パンをトースターで焼いてバターを塗り、たっぷりの黒砂糖とシナモンを振りかけるだけです。

簡単でとてもおいしいのでぜひ♪

この記事で使用した「アラジン・グラファイトトースター」は非常にオススメです!


僕が書いている料理ブログ「男前DISH.」は、読者の方が僕のレシピによってもっともっと料理が楽しくなり、もっともっと料理が好きになる事を目指しています。

料理を作るのは毎日のこと。

料理が楽しくなれば、楽しい事が毎日あるという事です。

料理を楽しく快適にするためには、こちらの期待通りの結果をもたらしてくれる道具がかかせません。

理想的なオーブントースターの性能は、

  • 思い通りの火の入りかたをしてくれること
  • パリッ!とおいしそうな焼き色を付けてくれること。

この2点だけです。

アラジンのトースターは上記の2点に加え、温度を280℃まで上げる事ができ、しかも短時間で最高温度まで到達するという付加価値がつきます。

要するに、トーストを焼く際など、他のトースターに比べてより高温・短時間で焼きあげる事ができるため、パン内部の水分は蒸発させないまま表面をサクッ!と焼いてくれるということです。

いつものトーストが、変わるはず。

アラジン・グラファイトトースター

トースターをお探しの方は、ぜひアラジン・グラファイトトースターを検討してみてください。

Category
Tags
No Tag

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です