すき焼きを手軽に作る方法

すき焼きを手軽に作る方法

Pocket

 思い立ったら今すぐすき焼き!


「あぁ~。なんか今日寒いし、すき焼きかなんか食べたいなぁ・・・。」

なんて思ってしまったら、もう頭も舌も完全にすき焼きの方角へ向かっちゃいますよねーww

もう、「今日はすき焼きしか受け付けません!!」みたいな。

思い出すと無性に食べたくなります。

しかし、実際に準備を始めてみると、いろんな材量をそろえて重たい鍋を引っぱり出して・・・って。

食べ終わった後も、シンクにでかい鍋がどんっ!とあるし。

いざ作るとなると意外とめんどくさいなと思う時も正直ありますね。

そんなときは、すき焼きをフライパンで作ってラクにすき焼きを楽しんじゃいましょう^^

ラクをしてもいいんですよ。いつも頑張ってるんだから。

すき焼きって濃いめのあまからい味なので、材量も最低限のものがあれば十分おいしく作る事ができて、例えばいろんな食材から出たダシでおいしくなるような類の鍋料理とは別物だと僕は思っています。

今回僕が作ったフライパンすき焼きに使った具材は、

  • 牛ロース肉(焼き肉用)
  • 長ねぎ
  • ほうれん草
  • 冷凍うどん

以上。

牛肉は焼き肉用のロースがあったのでそれを使いましたが、多少脂身を含むものであればなんでもおいしく作れると思います。ただ、もも肉とかランプのようなヘルシーな部位だと、煮ると固くなると思いますが。

ぶっちゃけ、僕はお肉と長ネギがあれば満足するかも笑

甘辛いタレで煮たネギなんて、卵が絡めばもうそれだけで絶品ごはんのおかずです。

今回は、がっつりすき焼き!って感じではないので、そんなラフな感じで楽しみたいと思います。

では、今日はあなたも以下のレシピを見て手軽にすき焼きを楽しんじゃってください♪

材量(3~4人分)


  • 牛肉・・・350g
  • ほうれん草・・・150g
  • 長ネギ・・・100g
  • 冷凍うどん・・・2玉
  • サラダ油・・・適量
  • 生たまご・・・人数分

タレの材量


  • 醤油…大さじ3
  • 酒・・・大さじ1
  • 砂糖・・・大さじ3
  • 水・・・50cc

作りかた


  1. ほうれん草(150g)を茹で、ギュッと絞って5cmほどの長さに切る。
  2. 冷凍うどん(2玉)は解凍し、下茹でする。(下茹でが面倒なら凍ったままレンジでチン♪)
  3. タレの材量を全て混ぜ合わせる。
  4. 牛肉(350g)は大きければ食べやすい大きさに切る。
  5. 長ネギ(100g)は好みの幅に切る。
  6. 鉄のフライパンを熱してサラダ油を馴染ませ、牛肉を両面焼く。※牛肉を焼くときにはむやみに触らず、焼き色をつける意識で焼く。

7.混ぜておいたタレをジャーっ!と流し入れ、冷凍うどん、長ネギを入れて好みの煮加減になるまで煮る。

8.皿に盛り、生たまごを割り入れて完成!!※お好みで、七味唐辛子を振ってもおいしいですよ♪

たまごをほぐして、アツアツのうちにどうぞ♪

コメントする