秋刀魚の梅煮

秋刀魚の梅煮

Pocket




簡単に作れてとってもおいしい秋刀魚の梅煮


短時間で骨まで食べられる、簡単でおいしい秋刀魚の梅煮の作りかたを紹介します。

冷めてもおいしいのでお弁当のおかずにもオススメ。

ぜひ、以下のレシピでお試しを。

材量(4~5人分)


  • 秋刀魚・・・5匹
  • 濃口醤油・・・100cc
  • 料理酒・・・100cc
  • 水・・・100cc
  • 砂糖・・・50g
  • 黒砂糖・・・20g
  • 梅干し・・・5~6粒
  • みりん・・・大さじ1
  • おろししょうが・・・小さじ1

作りかた


  1. 秋刀魚は、頭と内臓をとってきれいに洗う。
  2. さばいた秋刀魚を5cmほどの長さにぶつ切りにする。
  3. 圧力鍋に全ての材量・調味料を入れ、蓋をきちんと閉めて強めの中火にかける。
  4. 圧力鍋の吹き出し口から蒸気が出はじめたら火を中火~弱火にし、蒸気がときどき噴き出すようにする。
  5. 10分間そのまま加圧し、火を止める。(火を止めてもピンが下がるまでは鍋の圧力が強い状態なので、絶対に開けていけない。)
  6. 鍋の圧力が自然に弱まってピンが下がったら、蓋を開ける。(僕の場合は8分ほどでピンが下がりました)
  7. 蓋を外した状態で中火にかけ、煮汁が半分ほどになるまで煮詰めて完成。

※ちなみに、圧力鍋をお持ちでない場合でも、普通のお鍋で骨まで軟らかい秋刀魚の梅煮を作ることができます。

材量は上記の通りで、蓋を閉めて弱火で2時間煮込めば良いです。しかしその際、水分の残り具合を確認しながら、必要であれば水を少しずつ足しながら煮込んでください。

 




 

圧力鍋が楽しい!


圧力鍋の一番の魅力と言えば、無論、時間の短縮です。

今回紹介した「秋刀魚の梅煮」のように、普通の鍋では煮込み時間が2時間ほどかかる料理でも、わずか10分の加圧と約8分の放置で加熱が終了してしまいます。

という事は、節約できるのは時間だけではなくガス代(IHの場合は電気代)もしかりで、まさに一石二鳥の魔法のお鍋です◎

ちなみに、僕が長年愛用している圧力鍋はこちら。

まぁ、僕はほかの圧力鍋を使った事がないので他との違いとかよく分からないのですが笑、作りがシンプルで洗いやすく、とても気に入っています。

ただ、うちは5人家族。

もう少し容量が少ないものでも良かったかなとも思いますが、とても長く使えるものなので、長い目でみると(子供の成長を見越して。)やっぱりちょうど良いくらいかな。と思ったりもします。

ご参考までに。

 

※うちの圧力鍋は型が古いのか(悲)、アマゾンには同じ物が探せなかったので、同じ容量、材質、価格帯のものを乗せておきます。気になる方はチラ見してみてね。

 

 

コメントする