子育て奮闘中のあなたへ。僕が実践した心に余裕を作る方法

子育て奮闘中のあなたへ。僕が実践した心に余裕を作る方法

Pocket

子育てに追われるあなたの気持ち、よく分かります。


子育てというのは「海」によく似ています。

 

穏やかで幸せな時もあれば、

強風が吹き荒れる嵐のような時もあります。

 

ずぅーっと遠くにある水平線のような素晴らしい可能性に感動する事もあれば、

水面に静かに落ちる雨のように、ときには切ない思いをする事だってあります。

 

「こんなに頑張ってるのになんで?」ってイラついて、そのあと寝顔を見て「怒ってごめんね」って思う。

 

もっと遊んであげればよかった。って後悔し、

でも翌日にはまたいつもと同じように忙しい朝が来ます。

 

ブランコを押してあげた時のキャッキャと笑う笑顔が愛おしくて愛おしくて、

そして時間に追われる日々に疲れ果てる。

 

苦楽が波のように繰り返される「子育て」というのは、海に似ているとつくづく思います。

 

でも、自分の心にもっと余裕があれば、「苦」を減らし、「楽」を増やせると思いませんか?

起きた現象に対してこちらが「どう見るか」によって、景色って変わると思うんです。

自分は何も変えずに周りを変えようとするから苦しくなっちゃう。

 

だから、心に余裕を作る努力をするべきです。

まず、自分を変える。まず自分。

ネガティブな事柄をポジティブにとらえられる自分になるべきです。

 

な~んて、そんな偉そうなことを言ってる僕ですが、ちょっと前までは僕自身、いろいろと落ち込む事が多かったんです。

本当は料理の仕事に転職したいのに、収入が減ったら家族の生活が非常に苦しくなるから今の仕事を辞めるわけにはいかず、でも少しでも何か前進していたくて、

もしチャンスが来た時にしっかりと掴めるように日ごろから勉強をしていたいけど、帰宅後は甘えたい盛りのかわいい我が子が「パーパー遊ぼうって」。

子供が小さいのは今だけなので、そんな時間もものすごく大切に思うし、でも心からやりたい事もある。

やりたい事が何もできない毎日。何年も。

そんな毎日に疲れて、朝、通勤するときに胃がいたくなったり、「俺はなにをしているんだろ」って思ったり、仕事中に「俺はこんな事がしたいんじゃない」ってイライラしたりしていました。

 

そんなときに出会ったのがこの本。

はづき虹映さんの、「すごい引き寄せ」です。

科学では説明できないスピリチュアルな世界をまったく信用していなかった僕ですが、妻に奨められ、藁にもすがる思いで読んでみました。

この本は主に、夢や目標に向かってポジティブに前進する方法を書いた本ですが、読み終えた今、この本に書かれている事を実践してみて、驚いたことに僕にとってとても良い影響が出始めています。

まず何より、毎日が楽しい。

心に余裕が生まれ、変わっていないはずの景色が違って見えます。

では、具体的に何をしたかと言うと、僕はこの本に書かれている通り「ありがとうございます」という言葉を通勤中ずーっと唱えるという事をしました笑

「ありがとうございますありがとうございますありがとうございます・・・」って。

バカみたいです。正直言って笑

でも、はづき虹映さんによると、「ありがとうございます」という言葉はネガティブなエネルギーを帳消しにする力があるのだとか。

心を込める必要はなく、1日に最低500回は声に出して「ありがとうございますありがとうございますありがとうございます・・・」と唱えなさいと。

僕は以前に他の本で、「夢や目標が思い通りにいかないのは、傲慢だから。どんなに成功哲学についての本を読んでもそんなことをしても意味がないと言って実践しない。それは要するに、成功者の言葉より自分の考えが正しいという傲慢な気持ちの表れだ」という事を学んでいたので、素直に実践してみたのです。

すると、ブツブツと唱えている最中、日頃からお世話になっている人や、もう亡くなってしまった大好きだったじいちゃん・ばぁちゃんの顔が浮かんできました。

「ありがとうございますありがとうございますありがとうございます・・・」

と、ただひたすら。

僕はバイクで通勤しているのですが、唱えている最中になんか可笑しくなってきちゃって、信号にかかっても、雨が降っても、水たまりを踏んだすれ違う車に泥水をバシャーッ!!てかけられても、僕は「ありがとうございますありがとうございますありがとうございます・・・」って言ってるんです笑

もうね、どうでもいいんです。(ポジティブな意味で)

以前の僕ならきっとムカついていたと思いますが、些細なことはもう気にならない。

逆に、可笑しくなっちゃう。おもしろいんです。いろんな事が。

だからあなたにもオススメしたい。

心に余裕を作る方法は、「ありがとうございます」と唱える事です。

ぜひ、だまされたと思って実践してみてください。

何も損はしないはずですから。

 

PS.「すごい引き寄せ」を書いたはづき虹映さんと、この本を奨めてくれた僕の妻に感謝します。

ありがとうございます。

 

 

コメントする