鶏のから揚げ

鶏のから揚げのレシピ ※ジュワッと熱い肉汁に注意!!

Pocket




 

鶏肉をやや大ぶりに切る事がジューシーに仕上げるコツ!!


からあげ専門店「カリッジュ」というお店をご存じでしょうか。

最近はじめて食べたのですが、そこのから揚げがとってもおいしくて。。。

店名の通り「カリッ」とした食感で「ジュワッ」と肉汁がジューシーで、あれどうやって作ってるんだろ。って事で、家でちょっと研究してみました。

味付けに関しては、そこまでお店の味に近づける事にこだわりませんが、僕が知りたいのは食感とジューシーさです。

ほんとに「カリッ」と「ジューシー」だったものですから。。

くやしいなと。

でも結論から言うと、「カリッジュ」さんほどの「カリッ」とした食感は僕には無理でした。

衣に卵を使ったり使わなかったり、粉に片栗粉だけを使ったりコーンスターチを混ぜたり、薄力粉を使ったり強力粉を使ったり、コーンスターチを使って卵も使ったり使わなかったり、薄力粉と卵を使ったり使わなかったり、もう、揚げる事自体を辞めてしまったり笑。

いろいろやりましたがあの食感は実現しませんでした。

恐らく、お店では揚げ油にショートニングを使っているのではないかと予想しますが、(ショートニングはケンタッキーやその他のファーストフード店でも使われています)ショートニングを一般家庭で使う事はちょっと現実的じゃないので、せめてジューシーさだけは追求しようと。

そんな中、僕が見つけたから揚げをジューシーに仕上げるポイントは、

しっかりと下味に時間を使う事と、

やや大きめに切る事と、

揚げ過ぎない(加熱し過ぎない)の3つでした。

この3つのポイントには、浸透圧やらタンパク質の熱凝固やらいろいろ根拠があります。

以下のレシピで作ってみて、揚げたてのジューシーさを体感してみてください。

 




 

 

材量(12個分)


  • 鶏もも肉・・・200g
  • おろし生姜・・・小さじ2
  • おろしにんにく・・・小さじ1
  • 醬油・・・小さじ1
  • 酒・・・大さじ1
  • 塩・・・小さじ1/2
  • ごま油・・・小さじ1
  • 卵・・・1/2個
  • 片栗粉・・・大さじ3
  • 揚げ油(サラダ油)・・・適量

作り方


  1. 鶏もも肉を6等分に切り、ボウルに入れる。
  2. 鶏もも肉が入ったボウルに、おろし生姜(小さじ2)、おろしにんにく(小さじ1)、醬油(小さじ1)、酒(大さじ1)、塩(小さじ1/2)を入れて混ぜ合わせ、冷蔵庫に2時間ほど入れて鶏肉に味を含ませる。
  3. 冷蔵庫から出して30分ほどかけて、冷えた鶏肉を常温に戻す。
  4. ごま油(小さじ1)、溶き卵(1/2個分)、片栗粉(大さじ3)を加え、よく混ぜる。
  5. 揚げ油を170℃に温め、鶏肉の形を整えながら順次揚げていく。(皮が外側にくるように巻く感覚で!!)
  6. 中火で6~7分ほどかけてじっくり揚げて完成!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です