ひらやーちー

ひらやーちー

Pocket




周りをカリッとサクッと焼くのがおいしさの決め手!!


沖縄の郷土料理「ひらやーちー」は、沖縄版のチヂミだとか沖縄版のお好み焼きだなんてよく例えられますが、僕ら沖縄県民にとってはこの料理はチヂミでもお好み焼きでもなく、ただの「ひらやーちー」でしかありません。(そりゃそうだ)

チヂミよりもお好み焼きよりももっともっと地味で素朴で、その日家にあるあり合わせの食材ですぐに作れて、それでもそれなりに毎回おいしいというのがひらやーちーの魅力だと僕は思います。

 

焼き方のポイントは、鉄のフライパンをよぉく熱して少し多めの油に生地を薄く広げ、周りをカリッと食感に焼きあげるのがコツです。

焼けたらアツアツのうちにウスターソースを少し垂らして食べるのが主流ですが、僕はマヨネーズ&七味唐辛子が好き。

これでビールのおつまみとしても最高です!!

 

さて、そんなひらやーちーの基本的な具には、ニラやネギ(たっぷりと!)、シーチキン、竹輪、花かつお(薄削りの鰹節)などがありますが、僕はニラとコンビーフの組み合わせが大好き。

ここでまた沖縄あるあるですが、沖縄でいうコンビーフは内地でいうそれとは違い、「コンビーフハッシュ」がメジャーです。こちら。

小さな角切りのじゃがいもが入っています。

というか、おそらく沖縄県民にとってコンビーフと言えば100%このタイプのコンビーフで、僕はめちゃイケのやべっち寿司を見るまで内地のコンビーフの存在すら知りませんでした(恥)

まぁ、ひらやーちーはコンビーフハッシュがなくても作る事ができるので、最初はニラ&花かつおの組み合わせで試してみて、もしもコンビーフハッシュが手に入ったらコンビーフ入りもぜひお試しくださいな。

 




材量(4人分)


  • 薄力粉・・・2カップとカップ1/2(200ccの計量カップ)
  • ニラ・・・50g
  • コンビーフハッシュ・・・1パック(75g)
  • 水・・・2カップ(400cc)
  • だしの素・・・小さじ1
  • 塩・・・小さじ1
  • ウスターソース(お好みで)・・・適量
  • マヨネーズ(お好みで)・・・適量
  • 七味唐辛子(お好みで)・・・適量

 




作りかた


  1. ニラは2cmほどの長さにザクザク刻む。
  2. ボウルに全ての材量(ソース、まよ、七味以外!)を入れて混ぜ合わせ、生地を作る。
  3. 鉄のフライパンを強火で煙が出るまでよく熱して、サラダ油を馴染ませる。
  4. 火を中火にして生地を薄く流し、生地の周りがこんがりするまで焼く。
  5. 裏返して裏面も焼き固め、皿に取る。
  6. お好みでウスターソース、もしくは七味&マヨネーズをかけてアツアツのうちに頂く。

※その他の沖縄料理のレシピはこちら。

コメントする