簡単弁当

[弁当なんて簡単!] 面倒な弁当作りをフライパン1つで解決する方法

Pocket

面倒な弁当作りをフライパン1つで解決する方法

 

簡単弁当


こんにちは。詰め替えパックのインスタントコーヒーを瓶に詰め替える時に細かい粉と一緒に広がるコーヒーの香りがたまらなく大好きな料理男子、kazです。

 

僕は毎朝仕事に出かける前に自分と妻の弁当を作っているのですが、

この記事では、そんな僕が実践しているお弁当作りを楽に済ませる方法を紹介します。

 

結論から言うと、ポイントはたった2つだけです。

 

ひとつ。おかずはどれも、同じフライパンで作れるもの。

ふたつ。そのフライパンが汚れない順番で料理を作っていくこと。

 

以上。簡単です。

では以下で、ある日の実際の弁当を例にその方法を説明していきますよってに。




ひとつ。おかずはどれも、同じフライパンで作れるもの。


 

簡単弁当

この写真は、とある日に僕が作った実際のお弁当ですが、3種類のおかず作りの加熱に使った調理器具は、たった1つのフライパンだけです。

この弁当のメニューは、

  • 卵焼き
  • ちんげん菜のガーリックソテー
  • 豚の生姜焼き
  • ごはん

要はこの弁当のように、メニューを考える時にフライパンで作れるおかずに種類を絞って考えれば良いという事です。

油鍋が必用な揚げ物はメニューに入れないし、鍋が必用な料理も作りません。

あくまでフライパンで作れるおかずのみです。

そして味の強弱も作れて色も単調にならないようにできれば見た目も味も飽きない弁当になります。

まずは「フライパンで作れる料理」に的を絞る事がポイントです。

 

ふたつ。そのフライパンが汚れない順番で料理を作っていくこと。


さて、メニューが決まったらさっそく作っていきますが、ここでのポイントは、

フライパンを洗わずにぶっ続けで3種類のおかずを作っていくことです。

フライパンを洗ったら工程が増えて時間のロスが発生するので、洗わないで済む順番で作って行きます。

今回作るおかずは(卵焼き、ちんげん菜のガーリックソテー、豚の生姜焼き)なので、

卵焼き→ちんげん菜のガーリックソテー→豚の生姜焼きの順番ですね。

※作った順番で盛り付けていけるように、弁当箱にはごはんも予め入れておくとなお良しです。

 

弁当作りの工程


まずは全てのおかずの下ごしらえをします。

下ごしらえ
  1. 「卵焼き」の卵を割って溶き、味付けをしておく。
  2. 「チンゲン菜のガーリックソテー」に使うチンゲン菜をザクザク切って洗い、にんにくをスライスしておく。
  3. 「豚のしょうが焼き」に使う豚肉は、食べやすい大きさに切っておく。
調理
  1. フライパンを熱して油を馴染ませ、卵焼きを作る。
  2. 出来上がったた卵焼きは直接弁当箱に盛りつける。
  3. フライパンに油を少し足し、チンゲン菜とにんにくを炒める。
  4. 塩こしょうで控えめに味付けをし、炒め合わせる。
  5. 出来上がったチンゲン菜のガーリックソテーを弁当箱に盛り付ける。
  6. 再びフライパンを火にかけて油を馴染ませ、豚肉を焼く。
  7. おろししょうが、酒、砂糖、醤油で味付けをし、全体に絡める。
  8. 出来上がった豚の生姜焼きを弁当箱に盛り付け、完成!!

このように、段取りよくスムーズに弁当作りを進めて行けば、キッチンは散らからずに片づけも楽に、スピーディーに弁当を作る事が可能です。

この作りかたに慣れるまでは、作る前に段取りを意識的にイメージするといいかもです。

以上、面倒なお弁当作りを楽に済ませる方法でした。

 

ちなみに、今回は「しょうが焼き弁当」を例に説明しましたが、フライパン一つで作れる弁当の例をいくつか紹介しておきます。ご参考までに。

・照り焼きチキン弁当 (キャベツの千切り+卵焼き+照り焼きチキン

・さば味噌煮弁当空心菜のにんにく炒めサバの味噌煮

・沖縄弁当(焼いたスパム+豆腐チャンプルー)

 

ぜひお試しを。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です