ゴーヤチャンプル

ゴーヤチャンプル

Pocket

沖縄県民が教えるゴーヤチャンプルのレシピ

 

ゴーヤチャンプル

材料(4人分)

  • ゴーヤ・・・1本(約250g)
  • 木綿豆腐・・・250g
  • 豚ローススライス・・・100g
  • 卵Mサイズ・・・2個
  • 酒・・・大さじ1
  • 塩・・・小さじ1/2
  • こしょう・・・2振り
  • 醤油・・・小さじ1
  • 顆粒ダシの素・・・小さじ1/2
  • サラダ油・・・大さじ1




 

作り方

  1. ゴーヤ(約250g) は洗って先端のヘタを切り捨て、縦半分に切る。
  2. 中にある種とわたをスプーンでくりぬき、3mm厚にスライスする。ゴーヤチャンプル
  3. 豚ローススライス(100g)は食べやすい大きさに切る。
  4. 木綿豆腐(250g)と調味料は全て計量しておく。
  5. 卵(2個)は器に割って、軽くほぐしておく。
  6. フライパンを熱してサラダ油(大さじ1/2)を馴染ませ、卵を流す。ゴーヤチャンプル
  7. 卵は半熟の状態で元の器に取り出しておく。
  8. 再びフライパンにサラダ油(大さじ1/2)を熱し、木綿豆腐をちぎって入れ、焼く。ゴーヤチャンプル
  9. 木綿豆腐を端に寄せ、豚肉を焼く。ゴーヤチャンプル
  10. 豚肉に8割ほど火が通ったらゴーヤを入れ、炒め合わせる。ゴーヤチャンプル
  11. 酒(大さじ1)を加えて炒め合わせ、塩(小さじ1/2)、こしょう(2振り)、ダシの素(小さじ1/2)で味付けをし、醤油を鍋肌から流し入れ、全体を炒め合わせる。ゴーヤチャンプル
  12. 取っておいた半熟の卵を入れ、全体をザッと炒め合わせて完成!ゴーヤチャンプル

炊きたてのホカホカごはんと一緒にどうぞ♪


ゴーヤチャンプルをおいしく作るポイント!

選び方

ゴーヤチャンプルをおいしく作るには、使うゴーヤは表面にツヤがあり、粒がみずみずしく、緑が濃いものを選びます。一見、色の濃いゴーヤはものすごく苦そうに見えますが、そのイメージとは反対で、色が濃い方がよく熟していて柔らかく、苦みが弱くなっています。一方、若いゴーヤの方は色が白っぽく、苦みが強い傾向があります。(ゴーヤの旬は4月~7月。夏)

ちなみに、アバシーゴーヤという品種はゴーヤの中でも苦みが弱く、ゴーヤチャンプルのほか、生のまま酢の物としてもおいしく頂けます。

アバシーゴーヤの特長は、一般的なゴーヤよりも形が太っていて粒が大きく、少し白っぽいのが特長です。

 

作り方のポイント
  1. 炒め物は段取りが大切なので、はじめて作る際は以下のレシピ通りに調味料や食材をすぐに使える状態に準備しておく。(慣れてきたら目分量でOKです。)
  2. 中の種とわたはスプーンを使ってきれいに取り除く。
  3. ゴーヤはスライスする厚みを3mmほどに統一する。
  4. ゴーヤは加熱しすぎると色が褪せて食感も悪くなるので、最後に加えてシャキッとした歯ごたえを残す。
  5. 豆腐は包丁で切るのではなく、手でちぎるのが沖縄流。これで表面積が大きくなり、味が乗りやすくなります。

以上、沖縄県民が教えるゴーヤチャンプルのレシピでした。

コメントする