ゆし豆腐の食べ方

ゆし豆腐の食べ方

Pocket

沖縄県民が教える「ゆし豆腐」の食べ方

ゆし豆腐

こんにちは、kazです。

この記事では、沖縄の家庭や食堂で人気のある「ゆし豆腐」のおいしい食べ方を紹介します。

沖縄在住の料理初心者の方や、沖縄に移住してきてまだ沖縄の食材に慣れていない方に向けた内容です。

ぜひこの記事を最後まで読んで、こころ温まる沖縄のソウルフード、「ゆし豆腐」をおいしく頂いてくださいませ。


そもそも、ゆし豆腐とは。




ゆし豆腐というのは、豆腐に固める前のゆるゆるとした 状態のものをいいます。

沖縄の島豆腐は本土の豆腐とは作り方が違い、“生搾り製法”という作り方で作られていて、

大豆を水に浸してひいた汁を生のままおからと豆乳に漉して分け、そのあとに煮ます。

湯気が上がる豆乳ににがりを打つと、やわらかい豆腐がふわふわと固まって浮いてきて、それを木箱に入れて水分を抜いていくのですが、その木箱に入れる前の状態が、「ゆし豆腐」と呼ばれるものです。

沖縄ではこの「ゆし豆腐」が非常にポピュラーで、温かくてやさしいおいしさが昔からの根強い人気の理由です。

さて、沖縄のスーパーへ行くと見かける豆腐コーナーは、本土のそれとは一風変わっています。

こちら。

ゆし豆腐

島豆腐は温かいまま直接袋に入れられて売っています。

わりと安価な冷蔵のパック詰めもありますが、おいしい豆腐が食べたい時は絶対こっち。

地元のお豆腐屋さんが決まった時間に納品しに来るので、写真↓のように入荷時間が表示されていて、僕たち沖縄県民はその時間に合わせてあちこーこー(できたてアツアツ)の島豆腐やゆし豆腐を買う事ができています。感謝。

ゆし豆腐

袋を手に取って底を触り、まだ温かいお豆腐を買って帰る。

袋から出してそのまま醤油を少し垂らせば、もうそれだけでごちそうです。


ゆし豆腐の食べ方

さて、そんな魅力的なゆし豆腐ですが、食べ方はとても簡単です。

  1. 袋をハサミで切って鍋にこぼし、
  2. 温めてから塩(小さじ1/4ほど)と、だしの素(ひとつまみ)で味付けをし、(好みによっては、醤油をほんの少し垂らす場合もありますが、少量で味が大きく変わるので注意が必要です。)
  3. 小口切りの万能ネギを散らして完成です。好みで七味を振るのもアリ!

家庭でのゆし豆腐の食べ方は上記のような感じです。

ちなみに余談ですが、ゆし豆腐は洗ってはいけません。

以前、豆腐コーナーで、

「ゆし豆腐ってどう洗うんですか?ザルに入れて洗ったら全部なくなっちゃったんですけど・・・」

みたいな質問を店員さんにしているのを立ち聞きした事があるのですが、店員さんも

「・・・。        えっ? 洗ったんですか?」

って感じでした笑

あと、ゆし豆腐の食べ方の変化球としては、まぁ最近はメジャーになってはいますが、ゆし豆腐にそばだしと沖縄そばを入れたゆし豆腐そば。

ゆし豆腐そばは、沖縄県の浦添市(うさそえし)にある高江洲そば(たかえすそば)というお店が発祥だと言われていますが、こちらのお店は沖縄での口コミはもちろん、ネット上でも評判が良いのでオススメです。

家庭でも、市販のそばだしにゆし豆腐を加えて沖縄そばの麺を入れればおいしいゆし豆腐そばを食べる事ができます。

あとは、普通にみそ汁とかもアリです。

ゆし豆腐を鍋に入れて鰹だしを足し、味噌を溶かす。

絶品です。


まとめ

さて、この記事を読んでゆし豆腐が食べたくなったでしょうか。

ゆし豆腐は健康的だし簡単だし、それに何より、じわ~っと心から感じるおいしさが魅力の沖縄のソウルフードです。

普段の食事にも。風邪で食欲がない時にも。二日酔いの朝にも。

ぜひ、おいしいゆし豆腐で心を温めてください。

では、最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントする