[オススメ沖縄料理レシピ] 沖縄風天ぷらの作り方

極旨おつまみのレシピ
スポンサーリンク

[オススメ沖縄料理レシピ] 沖縄風天ぷらの作り方

kaz
kaz

こんにちは、kazです^^

沖縄の天ぷらは日本料理の天ぷらとは違い、どちらかというとB級グルメ的な立ち位置です。

沖縄県内にはあちこちにおいしい天ぷら屋があり、沖縄県民は小腹が空いたときなどにちょっと立ち寄って天ぷらをつまみ食いしたりします^^

あちこーこ(熱々)の天ぷらは、お昼ごはんや夕飯の一品、ビールのつまみとしても最高に旨いのでオススメです◎

さて、この記事ではそんな沖縄風天ぷらの作り方を紹介します。

ぜひお試し下さい^^

沖縄風天ぷらの特長

沖縄風天ぷらは、いわゆる伝統的な日本料理の天ぷらとは全く別のものです。

なにしろ衣がボテッと厚めだし、衣にしっかりと塩味がついているし、もちろん花を咲かせるような洒落た事もしません。

卵を多めに使う事から、天ぷらというよりはどちらかというとフリットに近いような気がしますが、これが僕たち沖縄県民のソウルフード、沖縄天ぷらです。

沖縄風天ぷらによく使われるネタはというと、ぶっちゃけ、沖縄にあるものならだいたいなんでもあり。想像しておいしそうなら何でも衣にくぐらせて揚げてしまいます。

その中でも人気が高いネタは、たとえば、

  • イカ天
  • さかな天(白身でも赤身でも)
  • 野菜天(人参と玉ネギを千切りにしてミックスしたものなど)
  • さつま芋
  • もずく
  • 島らっきょう
  • モロッコインゲンと魚肉ソーセージの組み合わせ

 

などなど。ほかにも、ブロッコリーやカボチャもおいしいし、サーターアンダギーも和訳すると「砂糖天ぷら」となり、天ぷら屋さんで買う事ができます。

※サーターアンダギーのレシピはこちら↓

[沖縄県民が教える」本場のサーターアンダギーのレシピ
サーターアンダギーのおいしいレシピを紹介します。揚げたてのサーターアンダギーは、サクサクで軽い。これは手作りでないとなかなか味わえないおいしさです。ぜひ作ってみてくださいね♪

キンッ!と冷えたさんぴん茶やビールを片手に食べる沖縄天ぷらは最高に旨い。ぜひ以下のレシピで作ってみてください。

沖縄風天ぷらの作り方

沖縄風天ぷらの特長は衣にあります。厚く、卵を多めに使い、味付けがされています。

作り方の手順としては、

  1. ネタの下処理(洗ったりむいたり切ったり)をする。
  2. サラダ油を熱する。
  3. ボウルに卵を溶き、分量の水を注ぐ。
  4. 塩、だしの素を入れ、混ぜ合わせる。
  5. 薄力粉を入れ、あまり練らない程度に混ぜる。
  6. ネタをくぐらせ、揚げる。

個人によって多少の違いはあるかもしれませんが、一般的には上記のような感じです。

沖縄の天ぷらは衣にグルテンができる事をあまり気にしません。

卵が多めだから衣が厚くなっても固くはならないので、気楽に快適にやればいいと思います◎

では、沖縄で人気の「さかなの天ぷら」と「もずくの天ぷら」の作り方を、以下で紹介します。

沖縄風さかな天ぷらの材量と作り方(2人分)

材料

  • マグロ・・・250g
  • 薄力粉・・・100g
  • 冷水・・・100cc
  • 卵Mサイズ・・・1個
  • 塩・・・小さじ1
  • だしの素・・・小さじ1/2

作り方

  1. 揚げ油を180℃に温める。
  2. マグロ(250g)は2.5cm角、長さ10cmほどの棒状に切る。
  3. ボウルに卵(1個)を割りほぐし、塩(小さじ1)とだしの素(小さじ1/2)、冷水(100cc)を入れ、よく混ぜる
  4. 薄力粉(100g)を加え、あまり練らない程度に溶く。
  5. 先ほど切ったマグロを衣にくぐらせ、こんがりと揚げる。
  6. 揚げたてをそのままでもおいしいですが、昆布塩などのお好みの塩を添えるか、もしくはウスターソースをつけてもおいしく頂けます。

 

程よい塩気でさっくりと旨い沖縄風さかな天ぷらを、よく冷えたビールと一緒にどうぞ。

もずく天ぷらの材量と作り方(約12個分)

材料

  • もずく・・・200g
  • 玉ねぎ・・・100g
  • にんじん・・・50g
  • 薄力粉・・・100g
  • 溶き卵・・・Mサイズの卵1/4個分
  • 塩・・・小さじ1/2
  • だしの素・・・小さじ1/2
  • 冷水・・・150cc
  • 揚げ油(サラダ油)・・・1ℓ

作りかた

  1. 揚げ油が入った天ぷら鍋を火にかけて温め始め、温度が170℃まで上がったら火を弱めて温度を保つ。
  2. ボウルを2つ用意する。
  3. もずく(200g)は適当に短く切ってザルに入れ、流水で洗って水をよくきる。
  4. 玉ねぎ(100g)はスライスし、にんじん(50g)は3cmほどの長さの細切りにする。
  5. 1つめのボウルに、薄力粉(100g)を計っておく。
  6. 2つめのボウルに、冷水(150cc)と溶き卵(Mサイズ1/4個分)、塩(小さじ1/2)、だしの素(小さじ/2)を入れ、よく混ぜる。
  7. 冷水が入ったボウルに下準備したもずく、玉ねぎ、にんじんを入れ、混ぜ合わせる。
  8. 冷水と具が入ったボウルに薄力粉を加え、軽く混ぜ合わせる。
  9. 揚げ油に衣を1滴落としてみて温度を確認する。(衣が鍋底についた瞬間に上がってきたら適温。)
  10. 大きめのスプーンかおたまですくって、3~4個ずつこんがりと揚げる。(4分ほど)
  11. 揚げ上がったもずくの天ぷらは、網付きのバットか魚焼きグリルに上げ、油をきって完成。

皿に盛り、あちこーこー(あつあつ)のうちに頂く。

 

以上、沖縄風天ぷらの作り方でした。

おいしいビールと一緒にどうぞ♪

コメント

  1. […] おいしい沖縄風天ぷらの作り方を、沖縄県民が解説する。 […]

タイトルとURLをコピーしました