[極旨レシピ] 簡単!赤海老のクルードのレシピ

酒のつまみ
スポンサーリンク

[極旨レシピ] 簡単!赤海老のクルードのレシピ


 

イタリア版のお刺身「クルード」という料理は、とてもシンプルな料理でありながら、素材さえ良ければ感動を生むほど旨い一皿になる。

 

アルゼンチン産の生食用赤海老は、甘エビのように甘くプリッとした食感だが、甘エビよりもサイズが大きいので口内体積(人が口に含んだ時においしいと思えるベストな量)が秀逸だ。

口いっぱいに生海老のおいしさが広がる。

 

そんな赤海老の旨さをさらに引き立てるのは、ちょうど良い鋭さのヴィネグレット(ドレッシング)とベビーリーフだ。

ヴィネグレットとベビーリーフが甘くとろっと旨い生海老のおいしさを極限まで引き立てくれて、そこにキンと冷やした白ワインがあればそれはもう幸せとしか言いようがない。

そしてさらに幸運なのは、「赤海老のクルード」というステキな料理が、簡単に作る事ができるという事実だ。

 

ぜひ、あなたもこのおいしさを味わってみてほしい。すごく簡単に、すごく大きな幸福が手に入るはずだ。

さて、赤海老のクルードの作り方は、以下の手順で説明していく。

 

目次
赤海老のクルードの材料(2人分)
ヴィネグレット(ドレッシング)の作り方
海老の下処理をする
仕上げ

 

赤海老のクルードの材量(2人分)


赤海老のクルードはとてもシンプルな料理なので、やはり材料の善し悪しが仕上がりに大きく影響する。なるべく新鮮な海老を用意して、すぐに食べてしまおう!

 

  • 生食用赤海老・・・10尾
  • ベビーリーフ・・・適量
  • エクストラバージンオリーブオイル・・・大さじ1
  • 白ワインビネガー・・・小さじ1(5cc)
  • レモン汁・・・小さじ1/2
  • 塩・・・ひとつまみ
  • こしょう・・・少々

 

ヴィネグレット(ドレッシング)の作り方


「ヴィネグレット」という聞き慣れない横文字ドレッシングに抵抗を覚えそうだが心配ない。以下の通りの配合で混ぜ合わせれば完成する。

作り方が簡単すぎて飾る所がないので、名前にちょっとカッコつけているだけだ。

見ての通り、工程も一つしかない。わざわざ「1.」と書く必用も、本当はない。

 

  1. ボウルに、エクストラバージンオリーブオイル(大さじ1)と白ワインビネガー(小さじ1)、レモン汁(小さじ1/2)、塩(ひとつまみ)こしょう(少々)を入れ、シャカシャカと勢いよく混ぜ合わせる。

 

海老の下処理をする。


要は、生の赤海老をお寿司に乗っている海老の形にしたい。ヴィネグレットがよく絡むはずだ。

 

  1. 赤海老は包丁で頭を切り離し、尾を残して殻をむく。
  2. つまようじを背中に指して引き抜き、背ワタを取る。
  3. 赤海老の腹に縦に包丁を入れ、腹開きにする。

仕上げ


  1. 水気を切ったベビーリーフをボウルに入れ、ヴィネグレットの1/3の量を入れて和える。
  2. ベビーリーフ、赤海老を皿に並べ、残りのヴィネグレットを回しかけて完成。

 

最初は赤海老のおいしさを味わい、次にベビーリーフを海老で巻いて食べるのが僕は好きだ。

※赤海老のクルードを2人で楽しむ場合は、必ず2人がちゃんと席についてから食べ始める事。そうしなければ、先に席に着いた方が全部食べてしまう事になる。

 

※赤海老のクルードと一緒に、次の料理はいかがだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました