弁当を短時間で作りたいなら「丼もの」で決まり!

簡単な弁当 kazコラム
スポンサーリンク

弁当を短時間で作りたいなら「丼もの」で決まり!

 

簡単な弁当

 

こんにちは、kazです。

毎朝、仕事へ出かける前に弁当を作り続けています。

家族や自分のために弁当作りを頑張っているという方は多いと思いますが、

やはり朝は忙しくて時間に追われていますよね。

弁当をもっと短時間で作る方法があったら知りたいと思いませんか?

今まで時間をかけていた弁当作りがもっと時短できれば、もっとゆとりのある一日のスタートがきれるはずです。

そこでこの記事では、

毎日の弁当作りが大変。もっと短時間でおいしく作る方法ないかしら・・・

みたいな答えを探している方に向けたアドバイスを綴っていきます。

時間がない朝は、弁当を丼ものにせよ!

さて、いきなり結論を言うと、弁当作りを短時間で終える方法は、メニューを丼ものにするという事。

僕は毎朝、自分と妻の分の弁当を作っていますが、そんな僕が時間のない日に作る弁当のメニューは決まって「丼もの」です。

その理由を説明します。

弁当のメニューを「丼もの 」にするメリットとは。

メリットその1 一品でいい。

弁当を「丼もの」にすると時短できる理由は、まず、作る料理が一品でいいことです。

普通のお弁当のおかずが一品だけでは寂しすぎですよね。

お昼時間に職場で弁当箱のフタを開けたら、

ごはん、ミートボール・・・以上! みたいな。

ごはん、卵焼き・・・・・以上! みたいな。

同僚に心配されそうですよね笑

しかし丼ものなら、一品だけ作ってごはんに乗せたら完成するのです。

満足感も高く、ガッツリ系にもヘルシー系に作る事もできます。

作る量が1人分でも2人分でもやる事は同じで時間もさほど変わりません。

しかも作る料理が一品で良いということはその分調理器具が少なくて済むし、弁当箱の中を仕切るためのシリコンのカップなんかも必用ないので、洗い物も最小限にする事ができます。

これだけでも充分なメリットだと思いますが、弁当を丼ものにするメリットはまだあります。

メリットその2 コスパが良い

作る料理が一品なので、必然的にコスパが良くなるのも弁当を丼ものにするメリットです。

例えば親子丼だと、使う材料は、

  • 鶏肉
  • タマネギ
  • 調味料

この程度ですよね。全部安い食材です。

あるいはチキンカツ丼だと、

  • 鶏肉
  • タマネギ
  • パン粉
  • 調味料

この程度です。普通のカツ丼をチキンカツ丼にすることにより安く作る事ができるし、使う材料も親子丼にパン粉を足しただけです。

すごっ!!

他に、なす味噌丼の場合でも、

  • なす
  • タマネギ
  • 豚肉
  • 味噌
  • 調味料

みたいな、これだけの材料でも充分満足なランチになります。緑が欲しいならネギを散らせばOKです。

豚キムチ丼でも、麻婆豆腐丼でも似たようなもの。

これを丼にせず、「チキンカツ弁当」や「豚キムチ弁当」など、ごはんとおかずを分けた弁当にすると、おかずを少なくてもあと1品か2品とか作らなきゃいけませんよね。

すると時間もコストもその分増えるという事です。

丼ものにするとそれがない。

圧倒的にラクなのです。

 

ただデメリットとしては、栄養価の面ですかね。

使う食材が少ないという事は、栄養価の種類も少ないという事なので、やはりどんなに時短できても毎日丼ものというわけにもいかないかなとも思いますが、

でも、それでも「丼もの」は、時間に追われているあなたにとっての武器になるので、この考え方はきっと役に立つはず^^

この記事があなたの役に立ちますように。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました