チャンプルーのレシピ5種!沖縄県民が教える沖縄料理

ゴーヤチャンプルー kazコラム
スポンサーリンク

チャンプルーのレシピ5種!沖縄県民が教える沖縄料理

kaz
kaz

こんにちは、Kazです^^

沖縄生まれ泡盛育ちの沖縄県民ですw

今では日本全域で有名になった沖縄料理「チャンプルー」ですが、

この記事では、沖縄生まれ沖縄育ちの僕が、チャンプルーの本来の意味と、代表的なチャンプルーの作り方&レシピを5種類紹介します。

どのチャンプルーも簡単でおいしいので、ぜひ気になるチャンプルーから楽しくチャレンジしてみてくださいね^^

チャンプルーの意味とは。

沖縄料理の中でもとりわけ有名な料理が、この記事で紹介する「チャンプルー」。

チャンプルーには「ごちゃまぜ」というような意味があり、沖縄の島豆腐(木綿豆腐)と季節の野菜をいっしょに炒めた料理です。

チャンプルーにはいろいろな種類があり(あとで紹介します)、作り方や調味料はどのチャンプルーも基本的には同じですが、チャンプルーは家庭料理なので作り手によって若干の違いがあるのもこの料理の大らかな一面でおもしろい所です。

ゆえに、じつはチャンプルーには様々な誤解があります。

今では沖縄の炒め物はなんでも「なんとかチャンプルー」と呼ばれていますが、本来、この料理名は「チャンプルー」ではなく「チャンプールー」といい、上記で紹介したように島豆腐と季節の野菜が使われていることが条件。

なので島豆腐が使われていなければチャンプールーとは呼べず、今では有名な「ソーメンチャンプルー」も本当はチャンプールーではなく「ソーミンタシヤー」。フーチャンプルーは「フーイリチー」という名前で、間違った広まり方をしている料理もあります。

しかし、「ソーミンタシヤー」とか「フーイリチー」という名称を使うと、この事実を知らない方には通じないという点がなんとももどかしい所です。

以上を踏まえた上で、このサイト上でも現代の世にならい、「ソーメンチャンプルー」と「フーチャンプルー」と呼ぶ事にします笑

本当は違うけどね(^^;)

人気のあるチャンプルーのレシピ5種!

ゴーヤーチャンプルー

ゴーヤーチャンプルーのレシピと作り方 沖縄県民が教える沖縄料理
今や全国的に人気のあるゴーヤチャンプルですが、ここで沖縄県民の僕が詳しい作り方のコツを深く説明します。きっと、ゴーヤチャンプルをとびっきりおいしく作れるようになるはず。

数あるチャンプルーの中でも特に有名なのがゴーヤーチャンプルーではないでしょうか。ゴーヤーの苦みと食感、豆腐と卵の柔らかさ、そしてたまに出会う豚肉の旨みが見事に調和したおいしいおかずです。詳しく説明していますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね♪

豆腐チャンプルー

豆腐チャンプルーのレシピと作り方 沖縄県民が教える沖縄料理
沖縄県民の僕が、旨すぎる豆腐チャンプルーの作り方を紹介します。おいしさのポイントは「炒める」というより「焼く」事。香ばしくて激ウマい豆腐チャンプルーをぜひ作ってみてくださいね。

沖縄で老若男女問わず人気なのが、豆腐チャンプルーです。

島豆腐(沖縄の木綿豆腐)入りの野菜炒めのような料理で、豆腐は手でちぎって焼き、野菜と一緒に香ばしく炒め合わせる事がおいしさのポイントです。ぜひお試しを^^

フーチャンプルー

フーチャンプルーの材料と作り方 沖縄県民が教える沖縄料理
フーチャンプルーのおいしい味付けと作り方を丁寧に紹介します。きっとおいしく作れるはず◎ぜひこのページを読んでおいしいフーチャンプルーを作ってみてくださいね♪

チャンプルーの中でもトップレベルの沖縄感「フーチャンプルー」。

車麩は沖縄県外にもありますが、フーチャンプルーのように炒めるような使われ方はしませんよね。卵をたっぷりと吸い込んだ車麩はフワモチ食感で、ちょうど良い塩気がごはんを誘います。炒め立てのあつあつをどうぞ♪

そうめんチャンプルー

そうめんチャンプルーのレシピと作り方 沖縄県民が教える沖縄料理
沖縄で大人気の郷土料理「そうめんチャンプルー」の作り方を紹介します。 おいしく作るヒントは、スパゲティ・ペペロンチーノ。 このレシピを読んで、ぜひお試しください。

一般的にサラッとあっさり頂く事が多いそうめんを、ツナや野菜と一緒に炒めてしまうのがそうめんチャンプルーです。そうめんチャンプルーは沖縄の方でも失敗しやすい料理ですが(素麺がフライパンにくっついたり素麺同士がボテッとくっついちゃったり)、僕の作り方は失敗のしようがない方法なので、最初からうまくいくと思います。ぜひお試しください^^

島らっきょうチャンプルー

島らっきょうチャンプルーのレシピと作り方 沖縄県民が教える沖縄料理
島らっきょうで作るめちゃめちゃ旨いチャンプルーの作り方を紹介します。 作り方は簡単なのでぜひお試しください♪

天ぷらや、生のまま塩漬けにしていただく事が多い島らっきょうですが、チャンプルーにしてもすごくおいしいのでオススメです。

島らっきょうは、生のままでは刺激的な香りと辛みがありますが、加熱するとマイルドになります。シャキッとした食感の島らっきょうと、豚バラのコク。絶妙な塩加減で香ばしく炒め合わせれば、極上のおかずになります。ぜひお試し下さい^^

 

おわりに。

さて、この記事によって少しでもあなたにチャンプルーの魅力を伝えることができたとしたら、僕はとても嬉しく思います。

チャンプルーは沖縄料理だとしても、材料や食材はあなたの住む町でもきっと手に入るはず。

野菜がたっぷり食べられて健康的な料理でもあるので、日々の献立にぜひご活用下さい。

 

では、最後まで読んで頂き、ありがとうございました^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました